フレッツ光から光コラボへの乗り換え(転用)方法と注意点まとめ!

<見出し1>光コラボってそもそも何?
インターネット回線といえば、NTTのフレッツ光ですよね。

 

フレッツ光の欠点に、

 

プロバイダを別に契約しなければ

 

使えないことが挙げられます。

 

光コラボはフレッツ光とプロバイダを

 

セットで利用できるサービスです。

 

光コラボに乗り換えると、

 

月額料金が下がるうえに

 

そのプロバイダ独自の

 

お得なサービスが利用できる場合もあります。

<見出し2>So-net光コラボレーションの乗り換え方法
So-net光コラボレーションは、

 

auとセットで使ったり長期利用割引を適用したりすると

 

月額2900円から利用できるのが魅力です。

 

NTTフレッツ光から転用するには、

 

公式サイトや電話で申し込みましょう。

 

フレッツ光から光コラボへの転用には、

 

工事は必要ありません。

 

申し込んで資料が届けばすぐに、

 

利用開始できますよ。

<見出し3>光コラボの注意点は速度の変化や戻せないこと
光コラボの注意点は、

 

速度が変化することがあるとされることです。

 

回線は同じフレッツ光のものですが、

 

速度が遅くなったという評判も

 

ネット上では見受けられます。

 

そしてもう一つ、

 

一度光コラボに転用したら

 

普通のNTTフレッツ光に戻せないことも

 

要注意ポイントですね。

 

簡単に申し込めるものの戻すのは無理なので、

 

もし戻すなら一度解約してから

 

再度フレッツ光を申し込むこととなります。

<見出し4>光コラボ以外ならNURO光やauひかりがおすすめ
光コラボ以外のネット回線でおすすめなのは、

 

NURO光やauひかりです。

 

NURO光は最大2Gbpsで通信でき、

 

無線LANが標準装備なのがメリットですね。

 

また、ソフトバンクのスマホを利用されている

方なら、光でんわを追加することで、

毎月の携帯料金が割引になる、

「おうち割 光セット」が適用できます。

 

家族で割り引きを適用することで、NURO光の

月額料金をさらに抑えることが可能ですので、

大きなメリットの一つだと思います。

 

デメリットとして、関東地域でしか

契約できないところが残念です。

 

 

スマホとセットでの割引もありません。

 

auひかりは月額料金が3800円からと十分安く、

 

auユーザーならauスマートバリューで

 

スマホ代が最大2000円割引になります。

 

auを契約している人は、

 

こちらを選ぶと良いでしょう。

<まとめ>

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは、

 

申し込みを行うだけでとても簡単です。

 

工事が必要ないのは大きなメリットですね。

 

ただしフレッツ光をまだ契約していない場合は、

 

普通にネット回線の工事が必要です。

 

光コラボもなかなか便利でおすすめですが、

 

自宅が関東で速度を重視するなら、

 

NURO光もおすすめですね。

 

そしてauユーザーならauひかりを契約すれば、

 

お得にスマホを使えますよ。

 

 

コミュファ光とauスマートバリューでスマホ代が安くなるってホント?

 

<見出し1>コミュファ光は、auと提携している

中部地方で契約できるコミュファ光。

 

コミュファ光は、auユーザーならお得に使える光回線です。

 

その理由は、auスマートバリューの存在です。

 

光回線の中には、

 

auスマートバリューに対応しているものもあります。

 

コミュファ光もその一つで、最大2000円ほど

 

スマホ代が安く抑えられます。

 

スマホ代の割引は、選ぶプランによって

 

大きく変わります。

 

2000円割引になるのはデータ定額10・13の場合で、

 

最大2年間割引が適用され、

 

2年後は934円割引に固定されます。

 

 

<見出し2>コミュファ光はauまとめトークも使える

コミュファ光では、

 

auまとめトークも使えます。

 

auの携帯電話とコミュファ光電話を

 

セットで利用するなら、

 

なんとコミュファ光電話から

 

全てのauスマホ・携帯電話への発信が無料になるのです。

 

固定電話から家族の携帯電話に

 

発信することはよくありますよね。

 

コミュファ光とauを契約しているなら、

 

家族やauユーザーの知人への連絡がお得になります。

 

 

<見出し3>auひかりなら、光回線の価格も下がる

コミュファ光もなかなかお得ですが、

 

auユーザーならauひかりもおすすめです。

 

コミュファ光とauの組み合わせでは、

 

スマホ代しか安くなりませんよね。

 

auひかりはプロバイダ料金込みで

 

安価な価格設定がされているため、

 

光回線代もお得になります。

 

コミュファ光はプロバイダ込み、集合住宅で

 

光電話もセットだと月額5550円。

 

auひかりは同じ条件で、4300円です。

 

 

<見出し4>auユーザーならauひかりがおすすめ

auユーザーの場合、コミュファ光とauひかり

 

どちらを契約してもスマホ代はお得になります。

 

コミュファ光の場合は速度を落とすことで

 

料金が下がりますが、

 

それでも30Mbpsで4110円。

 

auひかりと比べて大幅に速度が遅くても

 

わずかな差しかありません。

 

auユーザーなら、

 

auひかりを契約することをおすすめします。

 

<まとめ>

コミュファ光はauスマートバリューで、

 

スマホ代は確かに安くなります。

 

しかしauひかりならさらに、

 

光回線代も安く抑えられます。

 

今から光回線を契約するなら、

 

コミュファ光よりも

 

auひかりがおすすめです。

 

auスマートバリューを適用すれば

 

少なくとも934円、最大で2000円ほど

 

スマホ代が安くなります。

 

auユーザーなら、積極的に活用しましょう。

コミュファ光って実際どうなの?評判や口コミをまとめてみました

 

<見出し1>コミュファ光は、中部で契約でき評判も上々

コミュファ光をご存知でしょうか。

 

愛知や岐阜など、中部地方に住んでいる人なら

 

もしかしたら家電量販店で

 

見たことがあるのではないでしょうか。

 

黄色とオレンジ、青のパンダがマスコットです。

 

インパクトのあるデザインで、目を引きますよね。

 

コミュファ光は、中部テレコミュニケーションの

 

光インターネットサービスです。

 

最大1Gbpsの速度で高速通信できるのが

 

コミュファ光の魅力です。

 

中部地方に住んでいる中には、

 

契約を検討している人も多いでしょう。

 

評判はなかなか良く、

 

中部地方では特に人気のある

 

インターネットサービスです。

 

フレッツよりも安く、速度も問題なく速いと言われています。

 

 

<見出し2>コミュファ光では幅広いサービスが展開されている

コミュファ光はインターネットサービスです。

 

光回線を提供しています。

 

月額料金は戸建てと集合住宅の他に、

 

プロバイダを個別に選ぶか、

 

プロバイダもコミュファ光にするかで

 

月額料金が代わるシステムです。

 

ちょっとこの点は複雑ですね。

 

コミュファ光では光回線の他に、

 

光電話やひかりTVのサービスも提供しています。

 

ちなみに光テレビは戸建住宅限定です。

 

ネット、テレビ、電話と、

 

色々なサービスをコミュファ光に

 

まとめることができるのは便利ですね。

 

中部でしか契約できないので、

 

契約できないことを残念がる人もいます。

 

 

<見出し3>コミュファ光では、auとの連携も行われている

auスマホとコミュファ光を契約すると、

 

auスマートバリューに申し込めます。

 

auスマートバリューを適用すると、

 

最大2000円まで毎月のスマホ代が安くなります。

 

契約しているプランによって、割引額は変わります。

 

少なくとも毎月934円は割引になるので、

 

auユーザーなら申し込んでおいて損はないでしょう。

 

対象者はプロバイダ一体型共なら全メニュー対応、

 

選択型だとau one net、エディオンネット、

 

So-net、@nifty、BIGLOBE、

 

TNCを契約している場合に全メニュー対応です。

 

スマホ代が割引になるのはなかなかうれしいですが、

 

プロバイダ選択型の場合は自分が対象なのか

 

わかりづらいのが難点ですね。

 

 

<見出し4>コミュファ光よりも、auひかりのほうがシンプル

コミュファ光は、料金プランがちょっと複雑です。

 

auユーザーの場合、コミュファ光よりも

 

auひかりのほうがシンプルでわかりやすいですよ。

 

auひかりは、プロバイダもセットになっているため

 

料金プランがごちゃごちゃしていません。

 

戸建住宅なら月額4900円から5100円、

 

集合住宅なら3800円です。

 

光でんわをセットにする場合は料金が変わります。

 

auユーザーならもちろん、

 

auスマートバリューにも申し込むことができますよ。

 

auユーザーなら、auひかりがおすすめです。

 

 

<まとめ>

コミュファ光は、中部地方で展開されている

 

インターネットサービスです。

 

最大1Gbpsで通信することができます。

 

auひかりも最大1Gbpsですが、

 

プロバイダがセットになって

 

料金が設定されているので

 

わかりやすさではコミュファ光以上ですね。

 

 

 

 

NTTフレッツ光とeo光を比較!本当にお得なのはどっち?

<見出し1>フレッツ光は、プロバイダと別に契約するシステム
フレッツ光の月額料金は集合住宅の場合、

 

2年契約で割引を適用すると2950円です。

 

戸建住宅なら4600円ですね。

 

ただしこれはプロバイダ料金を抜きでの月額料金です。

 

プロバイダ料金は最低でも500円、

 

最高で1200円ほどかかります。

 

プロバイダとセットで考えると、

 

料金は集合住宅で最低3450円、

 

戸建住宅は5100円になります。

 

料金設定は高いですし、

 

そもそもプロバイダを選ぶ必要があるのは、

 

ちょっと複雑でわかりづらいですよね。

<見出し2>eo光はプロバイダとセットで契約するシステム
eo光は、プロバイダとセットで料金が提示されています。

 

集合住宅はVDSL方式の場合月額3524円ですが、

 

キャンペーン割引適用で1年間は2524円です。

 

戸建住宅は1Gbpsの光回線が

 

月額4953円ですが、

 

1年間は2953円になります。

 

eo光だと月額料金が圧倒的に安上がりになりますし、

 

料金設定もわかりやすいのが魅力ですね。

 

さらにウイルスバスターが無料で使えるなど、

 

セキュリティ対策も万全です。

<見出し3>1年間の割引により、お得度ではeo光が圧倒的
eo光は元々の料金設定もわかりやすく、

 

さらに1年間の割引があるために、

 

お得度ではNTTフレッツ光以上ですね。

 

ただしeo光は関西でしか契約できないという

 

大きな制限があります。

 

関東などに住む人はeo光を契約できないので、

 

この恩恵を受けることができません。

eo光のようにわかりやすく安い光回線で、

 

関西以外の人も含めて、多くの人におすすめなのは

 

auひかりです。

<見出し4>auユーザーや関西以外の人はauひかりがおすすめ
auひかりもプロバイダ込みで料金が設定されています。

 

ネットだけなら集合住宅で月額3800円です。

 

戸建住宅なら5100~4900円で利用できます。

 

1Gbpsの速度で通信でき、

 

さらにauユーザーなら

 

auスマートバリューの適用によって

 

スマホ代が永年934円、

 

プランによっては2年間2000円割引になります。

スマホ代も込みで安く使えるauひかり。

 

auユーザーや関西以外の人は

 

こちらを検討してみてはどうでしょうか。

 

ちなみにauスマートバリューは

 

eo光でも利用できます。

<まとめ>

NTTフレッツ光は、

 

プロバイダ料が別に発生するため

 

わかりづらいのが難点でした。

 

eo光ならプロバイダ料金込みで

 

安価に設定されています。

 

そしてauひかりなら、

 

日本全国で安く光回線を使えます。

 

さらにauスマートバリューで

 

スマホ代もお得になりますよ。

 

 

NTTフレッツ光からコミュファ光への乗り換えはお得?そのメリットとは?

 

<見出し1>NTTフレッツ光の月額料金
インターネット回線といえば、

 

NTTのフレッツを契約する人も多いでしょう。

 

しかしコミュファ光なら、

 

もっとお得かつ便利にネットを使えます。

 

集合住宅を例に挙げると、

 

NTTフレッツ光は月額3350円です。

 

公式サイトに記載のある割引を全て適用すると、

 

2950円にまで下がります。

 

ただしこれはプロバイダを抜きにした料金です。

 

必ず契約する必要があるプロバイダは、

 

月額500~1200円程度。

 

つまり光回線は安くても3450円以上、

 

高いと4750円程度です。

<見出し2>コミュファ光への乗り換えで月額料金はあまり変わらない
コミュファ光の集合住宅における月額料金は、

 

NTTと同じく1Gbpsの速度の場合

 

月額4130円です。

 

これにプロバイダ料金が加算されます。

 

プロバイダもセットでコミュファ光にするなら、

 

月額5550円です。

 

ただしこれは光電話もセットでの価格です。

 

NTTフレッツ光で光電話を契約すると、

 

最低でも500円ほど料金が上がります。

 

月額料金については同じ速度で比較すると

 

せいぜい数百円の割引で、

 

乗り換えでそこまでお得にはなりません。

 

ただし、auユーザーなら

 

auスマートバリューの適用で

 

スマホ代を割り引くことができるため、

 

コミュファ光の方がお得ですね。

<見出し3>速度を変更できるのもコミュファ光のメリット
コミュファ光のメリットは、速度を変更することで

 

月額料金を抑えられることです。

 

例えば300Mbpsの速度で大丈夫なら、

 

プロバイダ料金込みで月額5050円にまで下がります。

 

30Mbpsなら4110円です。

 

速度をまったく重視しないなら、

 

プロバイダ料金込みでお得に

 

光回線や光電話を使えますね。

 

そしてもう一つ、

 

コミュファ光なら無線LANが

 

標準搭載です。

 

無料で無線LANルーターが使えます。

 

新しく用意する必要がないのは、

 

なかなか便利ですね。

<見出し4>auひかりならさらに料金がわかりやすい
コミュファ光もなかなか便利ですが、

 

auひかりならもっとわかりやすく

 

そしてさらに安くインターネットを使えますよ。

 

auひかりはプロバイダ料金込みで、

 

集合住宅なら月額3800円です。

 

1Gbpsの速度で通信ができるのにこの価格です。

 

コミュファ光やフレッツ光より

 

圧倒的に料金が抑えられていますよね。

 

ちなみに光電話込みだと4300円です。

 

もしもauひかりを契約できる環境なら、

 

コミュファ光やフレッツ光よりも

 

auひかりの方がおすすめです。

<まとめ>

NTTフレッツ光からコミュファ光への乗り換えは、

 

無線LANルーターの用意が不要であること、

 

そして速度を落とせば安くなることを考えると

 

なかなかにお得です。

 

しかし1Gbpsで契約するならそれ以上に、

 

auひかりの方がお得になります。

 

プロバイダ料込みで安く契約できるauひかり。

 

auユーザーならスマホ代も安くなりますので、

 

こちらも合わせて検討してみてはどうでしょうか。

固定電話の基本料金や通話料も格安に!お得なひかり電話とは?

固定電話の基本料金や通話料も格安に!お得な ひかり電話とは?

<見出し1>ひかり電話なら、料金が安くなる?

ひかり電話をご存じでしょうか。

 

ひかり電話を利用すれば基本料金や通話料が安くなります。

 

無料通話もでき、非常にお得なサービスです。

 

ひかり電話はauひかりやNURO光で利用できます。

 

この記事ではひかり電話について解説します。

 

<見出し2>ひかり電話は光ファイバー回線を用いた電話

ひかり電話と通常の電話の違いは

 

通常の電話回線ではなく

 

光ファイバー回線を利用していることです。

 

高品質でありながら、安く通話することができます。

 

IP電話であるひかり電話ですが、

 

スマホなどで使えるIP電話と比べて非常に高音質です。

 

auひかりのauひかり電話サービスは月額500円、

 

NURO光でも同様に月額500円です。

 

NTTなら1000円以上の基本料金がかかりますよね。

 

安く高品質な通話ができるひかり電話は、

 

どんどん普及が進んでいます。

 

自宅に固定電話が必要な方は、

 

ひかり電話を光回線と共に

 

申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

<見出し3>ひかり電話は電話番号をそのまま利用できる

ひかり電話は、電話番号をそのまま利用できます。

 

NTTで使っている電話番号から変わらないので、

 

気軽に乗り換えられますね。

 

今まで使っていた電話サービスは、休止や解約になります。

 

知人に電話番号の変更を伝えなくていいのは楽ですね。

 

 

<見出し4>ひかり電話は050番号でIP電話も使える場合がある

ひかり電話だと、050番号のIP電話を使える場合もあります。

 

auひかり電話サービスだと、

 

月額150円でIP電話の電話番号を取得可能です。

 

もう一つ固定電話の番号が欲しい人は利用してみましょう。

 

そしてひかり電話の場合、無料通話ができる相手がいます。

 

同じIP電話に加入しているなら無料通話可能です。

 

離れて暮らす家族も同じひかり電話を使っていれば

 

お得に通話できて便利ですね。

 

 

<まとめ>

ひかり電話なら月額料金が安く通話料もお得です。

 

携帯電話が普及し固定電話を持たない家も増えていますが、

 

家族で暮らす場合など、固定電話があると安心です。

 

家に誰かいれば繋がる固定電話は便利ですよね。

 

auひかりやNURO光では、月額500円で

 

ひかり電話を利用できます。

 

光回線を契約する際に、固定電話も

 

ひかり電話にサービス変更してみてはどうでしょうか。

 

固定電話を多く利用する人もそうでない人も、

 

料金は一気に安上がりになりますよ。

 

 

ぷらら光(plala光)は評判が悪い?もっとお得な光回線とは?

<見出し1>ぷらら光は光回線サービス

ぷららという名前を聞いたことがありますか?

 

ぷららはインターネットのプロバイダです。

 

ぷららではぷらら光というサービスも展開されています。

 

インターネットを固定回線で使う場合、

 

本来はフレッツ光に加えてプロバイダを

 

契約する必要があるわけですが、

 

ぷらら光はプロバイダ料と光回線を

 

セットで利用できます。

 

 

<見出し2>プロバイダ料やセキュリティ込みで3600円から

ぷらら光の月額料金は集合住宅なら税抜き3600円、

 

戸建住宅なら4800円です。

 

この料金にはプロバイダ料金の他に、

 

セキュリティやメールアドレスの利用料も含まれています。

 

ぷらら光の支払い方法はクレジットカードか

 

NTT回収代行です。

 

まだ自宅にフレッツ光の回線がない場合は

 

工事をする必要がありますが、

 

既にフレッツ光があるなら

 

工事の必要はありません。

 

設定をすればすぐに使い始められますよ。

 

 

<見出し3>ぷらら光は評判が悪い

ネット回線には悪い評判がつきものです。

 

褒める意見をわざわざ書き込む人はあまりいないため、

 

これは仕方のない事でもあります。

 

ぷらら光の主な悪い評判は、まず品質にあります。

 

例えばわからないことについて問い合わせても

 

あまり良い返事が返ってこなかったり、

 

回線が重くてなかなか通信できなかったりという

 

評判がありますね。

 

ネット回線は最大速度が出ることがなかなかなく、

 

自宅の場所や環境などで大きく変わります。

 

ネットの評判全てが正しいとは限らないのですが、

 

評判が悪いとちょっと心配ですよね。

 

 

<見出し4>auひかりやNURO光はより便利

ぷらら光の弱点として、

 

割引サービスが充実していないことが挙げられます。

 

auひかりなら、auスマホ等の月額料金が

 

最大2000円割引になる特典を受けられます。

 

そしてぷらら光は最大1Gbpsですが、

 

NURO光は2Gbpsです。

 

このように、ぷらら光よりも優れているのが

 

auひかりやNURO光なのです。

 

ぷらら光を検討している方は、

 

これらの光回線もおすすめですよ

 

ただしNURO光は対象エリアが関東に限られるので、

 

注意が必要です。

 

 

<まとめ>

ぷらら光はプロバイダ料とインターネット回線が

 

セットになったシンプルなサービスです。

 

わかりやすくて料金も比較的安価ですが、

 

ネットでの評判はイマイチなところがあります。

 

光回線を契約するにあたってさらにおすすめなのは、

 

auひかりやNURO光です。

 

auスマホを契約しているならauひかりを、

 

ぷらら光より速い回線を使いたいならNURO光を

 

検討してみてはどうでしょうか。

 

 

ネットもスマホも劇的に安くなるauスマートバリューとは?

<見出し1>auスマートバリューならスマホ代が最大2000円割引になる

 

毎月かかるネット代やスマホ代。

 

これらを抑えられれば、

 

その分貯金をしたり食事を豪華にしたりできますよね。

 

家族で外食できる機会も増えるでしょう。

 

auユーザーなら光回線をauひかりにし、

 

光電話サービスも申し込むことで

 

「auスマートバリュー」を適用させ、

 

スマホ代を最大2000円まで抑えることができます。

 

 

<見出し2>auスマートバリューはプランごとに割引額が違う

au光とauスマホ(携帯電話)を両方契約したうえで

 

auスマートバリューを契約すると、

 

最大2000円までスマホ等の月額料金が割引になります。

 

どの契約形態でも934円割引になり、

 

スマホ等で契約しているプランによって

 

違う割引額が2年間上乗せされます。

プラン

最大2年間の割引額

データ定額1・2・3、ジュニアスマートフォンプラン、シニアプラン、LTEフラット cp(1GB)

934円

データ定額5・8・20GB、LTEフラット、ISフラット、プランFシンプル、LTEフラット for Tab

1410円

データ定額10・13・30GB

2000円

 

2年を過ぎると、

 

割引額はどのプランでも934円で固定になります。

 

そしてauスマートバリューは、

 

最大10回線までに対応しています。

 

50歳以上の離れて暮らす家族も対象にできるので、

 

家族全員でauを使えばどんどんお得になりますね。

 

 

<見出し3>auスマートバリューを適用する方法は?

ウェブサイトか電話、auショップから、

 

auスマートバリューを申し込めます。

 

ちなみに回線数が5個以上になると、

 

auショップからの申し込みに限られますので注意しましょう。

 

申し込みの翌月以降、auスマートバリューが適用されます。

 

両方契約していても、

 

auスマートバリューが自動で適用されることはありません。

 

必ず申し込む必要があります。

 

 

<見出し4>au光とauスマホを合わせた月額料金の例

 

最後に集合住宅において、

 

auの3GBプランで

 

iPhone7(32GB)を1人が新規契約し、

 

au光とセットで、auスマートバリューを適用した場合の

 

月額料金をチェックしてみましょう。

 

auの3GBプランは

 

「スーパーカケホ」適用で月額5687円、

 

iPhone7は月額450円です。

 

そしてここからauスマートバリューによって、

 

934円が割引になります。

 

さらにau光の電話サービス込みでの月額料金が4644円なので、

 

全て合わせると合計9847円になりました。

 

スマホ代と光回線代、そして固定電話代が

 

合わせて1万円以内に収まっているので、

 

出費が十分抑えられるのではないでしょうか。

 

 

<まとめ>

auスマートバリューを適用させれば、

 

光回線とスマホ代を合わせても料金を安く抑えられます。

 

auユーザーの方はau光を契約し、

 

auスマートバリューを申し込んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

Yahoobb光とソフトバンク光の違いは?結局どっちがお得なの?

<見出し1>Yahoo!BB光とソフトバンク光がある

Yahoo!BB光とソフトバンク光は、

 

どちらもYahoo!BBのサイトから申し込み可能です。

 

具体的にどこが違うのか、気になりますよね。

 

この記事ではどちらがお得なのか、そして

 

さらにお得な光回線サービスはあるのかについて

 

解説していきます。

 

 

<見出し2>Yahoo!BB光は光回線+プロバイダ

Yahoo!BB光 With フレッツは、

 

光回線とプロバイダをセットで契約できるサービスです。

 

下り最大1Gbpsで通信ができるのが特徴です。

 

既にフレッツ光を申し込んでいる人でも

 

プロバイダを変更するだけで利用開始できます。

 

月額料金はNTT東日本エリアで集合住宅なら

 

3200円程度、

 

NTT東日本エリアで戸建住宅なら

 

5700円程度になります。

 

 

プロバイダ料金とフレッツ光の料金が

 

別々になっているのは

 

ちょっとわかりづらいですね。

 

ちなみにYahoo!BB光を契約すると

 

Yahooプレミアム会員のサービスが利用できます。

 

 

<見出し3>Yahoo!BB光よりもソフトバンク光がお得?

 

ソフトバンク光はYahoo!BB光と同様に、

 

既にフレッツ光を契約しているなら回線を転用して

 

すぐに使い始められます。

 

2年間自動更新プランを契約する場合、

 

集合住宅なら3800円、戸建住宅なら5200円です。

 

プロバイダ料金込みでわかりやすく、

 

Yahooプレミアム会員のサービスが利用できるなど、

 

内容も充実しています。

 

ソフトバンクのスマホ等を契約しているなら、

 

その料金も割引になります。

 

今から契約するならYahoo!BB光よりも、

 

ソフトバンク光がおすすめです。

 

 

<見出し4>auひかりやNURO光はさらにお得

 

ソフトバンク光はソフトバンクユーザーが得をする

 

光回線サービスですので、

 

auやdocomoのユーザーは

 

あまり契約するメリットがありません。

 

 

ソフトバンク以外のユーザーに特におすすめしたいのは、

 

auひかりやNURO光です。

 

auひかりはauユーザーなら最大2000円

 

スマホ代が割引になり、

 

集合住宅なら月額3800円から、

 

戸建住宅なら4900円から利用できます。

 

NURO光は契約できるエリアが限られますが、

 

最大下り2Gbpsで通信ができ、

 

月額料金は集合住宅なら4743円、

 

戸建住宅でも同様です。

 

 

どちらもプロバイダ料込みでの月額料金となっていて、

 

わかりやすくおすすめですよ。

 

 

<まとめ>

Yahoo!BB光とソフトバンク光、

 

サービス内容はあまり変わりません。

 

ソフトバンクユーザーならスマホ代が節約できる

 

ソフトバンク光がおすすめですね。

 

 

ただしauユーザーならauひかり、

 

速度の速さを重視する人ならNURO光が

 

さらにおすすめですよ。

 

 

NTTフレッツ光とauひかりを徹底比較!本当にお得なのはどっち?

 

<見出し1>auひかりとNTTフレッツ光は、光回線サービス

auひかりとNTTフレッツ光は、光回線のサービスです。

 

光回線はスマホやポケットWi-Fiと違い、

 

通信量に制限がありません。

 

自宅で動画やゲームのデータを

 

たくさんダウンロードして楽しみたい場合、

 

光回線を契約するのがおすすめです。

 

この記事ではNTTフレッツ光と

 

au光を徹底比較します。

 

どちらがお得なのか気になる方はご覧ください。

 

 

<見出し2>NTTフレッツ光だと、プロバイダ料が別にかかる

auひかりの月額料金は集合住宅なら3800円、

 

戸建住宅なら4900~5100円になります。

 

NTTフレッツ光は2年契約の場合

 

集合住宅なら最安で3250円、

 

戸建住宅なら5000円です。

 

しかしNTTフレッツ光だとこれに加えて、

 

プロバイダ料もかかってしまいます。

 

プロバイダ料は500~1000円程度です。

 

auひかりはプロバイダ料込みで、

 

月額料金が設定されています。

 

わかりやすさと安さ、共にauひかりは有利ですね。

 

 

<見出し3>auひかりならスマホ代も安くなる

auひかりはスマホ代が安くなる特典もあります。

 

auスマートバリューの適用により、

 

934円から最大2000円まで割り引かれます。

 

初めの2年間は最大2000円、それ以降は934円です。

 

スマホ代は光回線よりも高いものですが、

 

auひかりとセットなら安くなります。

 

ただし契約しているスマホのプランによって

 

割引額は変わります。

 

2000円割引になるのは

 

10GB、13GB、30GBプランの場合です。

 

それ以外の場合のプラン、割引額は

 

 

<見出し4>契約期間はどちらも2~3年、速度は1Gbps

NTTフレッツ光は基本的に2年契約です。

 

auひかりは集合住宅なら2年契約、

 

戸建て住宅はプランにより2年、3年の違いがあります。

 

契約期間については、

 

特に差はないと考えて良いでしょう。

 

そして通信速度もどちらも1Gbpsが最大で、

 

変わりありません。

 

 

<まとめ>

NTTフレッツ光はプロバイダ料金が別にかかるため、

 

月額料金でauひかりに劣っています。

 

料金の安さを重視するなら、

 

プロバイダ料込みの料金かつ安価で

 

さらにスマホ代を安くすることもできる

 

auひかりを契約するのがおすすめですよ。

 

 

光回線が利用できれば

 

動画を気兼ねなく見ることができますし、

 

ゲームやアプリのダウンロードなども

 

通信量を気にせずに行えます。

 

auひかりを検討してみてはいかがでしょうか。