NTTフレッツ光とauひかりを徹底比較!本当にお得なのはどっち?

 

<見出し1>auひかりとNTTフレッツ光は、光回線サービス

auひかりとNTTフレッツ光は、光回線のサービスです。

 

光回線はスマホやポケットWi-Fiと違い、

 

通信量に制限がありません。

 

自宅で動画やゲームのデータを

 

たくさんダウンロードして楽しみたい場合、

 

光回線を契約するのがおすすめです。

 

この記事ではNTTフレッツ光と

 

au光を徹底比較します。

 

どちらがお得なのか気になる方はご覧ください。

 

 

<見出し2>NTTフレッツ光だと、プロバイダ料が別にかかる

auひかりの月額料金は集合住宅なら3800円、

 

戸建住宅なら4900~5100円になります。

 

NTTフレッツ光は2年契約の場合

 

集合住宅なら最安で3250円、

 

戸建住宅なら5000円です。

 

しかしNTTフレッツ光だとこれに加えて、

 

プロバイダ料もかかってしまいます。

 

プロバイダ料は500~1000円程度です。

 

auひかりはプロバイダ料込みで、

 

月額料金が設定されています。

 

わかりやすさと安さ、共にauひかりは有利ですね。

 

 

<見出し3>auひかりならスマホ代も安くなる

auひかりはスマホ代が安くなる特典もあります。

 

auスマートバリューの適用により、

 

934円から最大2000円まで割り引かれます。

 

初めの2年間は最大2000円、それ以降は934円です。

 

スマホ代は光回線よりも高いものですが、

 

auひかりとセットなら安くなります。

 

ただし契約しているスマホのプランによって

 

割引額は変わります。

 

2000円割引になるのは

 

10GB、13GB、30GBプランの場合です。

 

それ以外の場合のプラン、割引額は

 

 

<見出し4>契約期間はどちらも2~3年、速度は1Gbps

NTTフレッツ光は基本的に2年契約です。

 

auひかりは集合住宅なら2年契約、

 

戸建て住宅はプランにより2年、3年の違いがあります。

 

契約期間については、

 

特に差はないと考えて良いでしょう。

 

そして通信速度もどちらも1Gbpsが最大で、

 

変わりありません。

 

 

<まとめ>

NTTフレッツ光はプロバイダ料金が別にかかるため、

 

月額料金でauひかりに劣っています。

 

料金の安さを重視するなら、

 

プロバイダ料込みの料金かつ安価で

 

さらにスマホ代を安くすることもできる

 

auひかりを契約するのがおすすめですよ。

 

 

光回線が利用できれば

 

動画を気兼ねなく見ることができますし、

 

ゲームやアプリのダウンロードなども

 

通信量を気にせずに行えます。

 

auひかりを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメントを残す