NTTフレッツ光とeo光を比較!本当にお得なのはどっち?

<見出し1>フレッツ光は、プロバイダと別に契約するシステム
フレッツ光の月額料金は集合住宅の場合、

 

2年契約で割引を適用すると2950円です。

 

戸建住宅なら4600円ですね。

 

ただしこれはプロバイダ料金を抜きでの月額料金です。

 

プロバイダ料金は最低でも500円、

 

最高で1200円ほどかかります。

 

プロバイダとセットで考えると、

 

料金は集合住宅で最低3450円、

 

戸建住宅は5100円になります。

 

料金設定は高いですし、

 

そもそもプロバイダを選ぶ必要があるのは、

 

ちょっと複雑でわかりづらいですよね。

<見出し2>eo光はプロバイダとセットで契約するシステム
eo光は、プロバイダとセットで料金が提示されています。

 

集合住宅はVDSL方式の場合月額3524円ですが、

 

キャンペーン割引適用で1年間は2524円です。

 

戸建住宅は1Gbpsの光回線が

 

月額4953円ですが、

 

1年間は2953円になります。

 

eo光だと月額料金が圧倒的に安上がりになりますし、

 

料金設定もわかりやすいのが魅力ですね。

 

さらにウイルスバスターが無料で使えるなど、

 

セキュリティ対策も万全です。

<見出し3>1年間の割引により、お得度ではeo光が圧倒的
eo光は元々の料金設定もわかりやすく、

 

さらに1年間の割引があるために、

 

お得度ではNTTフレッツ光以上ですね。

 

ただしeo光は関西でしか契約できないという

 

大きな制限があります。

 

関東などに住む人はeo光を契約できないので、

 

この恩恵を受けることができません。

eo光のようにわかりやすく安い光回線で、

 

関西以外の人も含めて、多くの人におすすめなのは

 

auひかりです。

<見出し4>auユーザーや関西以外の人はauひかりがおすすめ
auひかりもプロバイダ込みで料金が設定されています。

 

ネットだけなら集合住宅で月額3800円です。

 

戸建住宅なら5100~4900円で利用できます。

 

1Gbpsの速度で通信でき、

 

さらにauユーザーなら

 

auスマートバリューの適用によって

 

スマホ代が永年934円、

 

プランによっては2年間2000円割引になります。

スマホ代も込みで安く使えるauひかり。

 

auユーザーや関西以外の人は

 

こちらを検討してみてはどうでしょうか。

 

ちなみにauスマートバリューは

 

eo光でも利用できます。

<まとめ>

NTTフレッツ光は、

 

プロバイダ料が別に発生するため

 

わかりづらいのが難点でした。

 

eo光ならプロバイダ料金込みで

 

安価に設定されています。

 

そしてauひかりなら、

 

日本全国で安く光回線を使えます。

 

さらにauスマートバリューで

 

スマホ代もお得になりますよ。

 

 

コメントを残す